×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レーシック手術の前と手術中に気をつけること

レーシック手術の前と手術中に気をつけること

スポンサードリンク

エキシマレーザーによる屈折矯正手術は、現在世界中に普及し、中でもレーシック手術は 今ではアメリカでは年間150万人以上の方が受けるポピュラーなものに なっています。
レーシックは、手術中、手術後もともに痛みがほとんどなく、
視力の回復も早いことから、いまや近視手術の90%以上を占めています。
入院の必要もなく、翌日にはほぼ通常の生活を送ることができることから、 最近、日本でもレーシックを検討される方が急増中です。
このサイトでは、レーシックを検討されている方に、ちょっとしたマメ知識を お届けしています。

レーシック手術の前と手術中に気をつけること

スポンサードリンク

レーシック手術の前日は、睡眠をよく取り、体調を整えます。
レーシックに限らず、手術ですから、当然ですね。
レーシック当日は、お風呂やシャワーや洗顔、洗髪ができないので、
前日もしくは当日にそれらをしていくとよいでしょう。

手術当日の服装にも要注意です。
タートルネックやパーカー、毛羽立つセーターなどはNGです。
ゆったりした前あきの服が理想です。
理由は、タートルネック:脱衣時に眼を強くつぶってしまう為、
レーシックの場合まれにフラップにしわや、ずれが生じる事があります。
パーカー:手術時に首の周りがもたつき、頭が固定しにくくなりますので、
控えたほうがいいです。
毛羽立つセーター:眼に繊維が入る可能性があります。


レーシック手術の前と手術中に気をつけること 続き



レーシックの無料説明会

神戸クリニック


   【ご案内】

メールはこちら!
   までお願い致します。

【厳選リンク!】


 リンク集